経済産業省も推奨

売掛金さえあれば即日現金化することができます。

詳細はコチラ

ファクタリングは、経済産業省も推奨する資金調達!

2者間ファクタリング、3者間ファクタリングという2つの利用形態がある!
急いで資金を調達したいときや、与信状況が悪く融資などの審査に通らないときには特におすすめ!

企業経営、とくに中小企業の経営では売掛金が入金されるまでの期間が長いほど営業活動に支障が出やすいといえます。

売掛金を簡単に早く現金化することができる「ファクタリング」は、企業の経営資金が不足しているとき、取引先金融機関の融資が受けられないときなどに適しており、売掛金の現金化により企業が経営を健全化できるなどのメリットも期待できます。

ここでは、おすすめのファクタリング会社や、ファクタリングの概要、サービス利用のメリット・デメリットについて紹介していきます。

ファクタリングサービスの選び方
ファクタリングサービスの選び方のポイントは以下の通りです。

・信頼できるファクタリングサービスか
・手数料は、安いのか
・手続き・入金のスピードは、どうなのか
・2社間・3社間ファクタリングどちらを使うのか


信頼できるファクタリングサービスか
ファクタリングサービスの中には、ファクタリングを装って違法な金利で貸し付けを行う闇金融業者も存在します。

金融庁も以下のように警告を出しているので、事業者についてしっかり確認しておきましょう。

中小企業の経営者などを狙い、貸金業登録を受けていない者が、ファクタリングを装って、業として、貸付け(債権担保貸付け)を行っている事案が確認されています。

○ ファクタリングとして勧誘を受けたが、契約書に「債権譲渡契約(売買契約)」であることが定められていない

○ ファクタリング業者から受け取る金銭(債権の買取代金)が、債権額に比べて著しく低額である

などのケースは、ファクタリングを装った貸付けの疑いがありますので、十分注意してください。

引用:金融庁

ファクタリングは、近年注目を集めている企業の資金調達方法です。

企業が持っている売掛金を売却することで、債務者の決済予定日よりも前に、企業活動で生じた代金を現金に替えることができます。

企業間の取引は、売り上げが生じると売掛金という債権を手に入れる「掛取引」で行われるのが一般的です。

売掛金は遅くても1年以内に現預金での回収が見込まれるのですが、現金になるまでにはある程度の期間がかかります。売掛金が現金で入金されるまで手元の資金は増えませんが、仕入代金や営業費用などさまざまな支払いが生じます。

実際には売り上げが順調に上がっていても、売掛金での売り上げだけでは、会社の運転資金が足りなくなり、事業の運営が苦しくなり、黒字倒産という可能性もあります。

早めに現金を手に入れる必要があるのに、「資金繰りのための銀行の融資を断られてしまった」「急に高額の支出が生じた」などの場合には、決済前の売掛金を譲渡して現金に替えることで対応できます。

ファクタリングをするためには手数料を払う必要がありますが、売掛金の回収を待たずに現金を手に入れられるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました